就労移行支援ココルポートの特徴・メリット・求人をまとめました

公式サイトより:https://www.cocorport.co.jp/

 

前回、おすすめの障害者の求人サイトや、就職・転職エージェントを以下の記事で軽くご紹介しました。

 

その中から今回はココルポート(Cocorport/旧社名:Melk))について、もう少しだけ詳しくご紹介しますね。

>>Cocorportの公式サイトはこちら<<


スポンサードリンク

■ココルポート(Cocorport)ってどんな特徴の障害者就職支援サービス?

ココルポートは障害者福祉サービス事業所で、「就労移行支援」を行っている事業所です。
働くために必要な知識や技術を身につけるために、次のようなサービスを受けることができます。

 

  • 就労支援(本人の希望に合わせて職業準備性を高める訓練を計画・実行)
  • 就労支援プログラム(標準プログラム、本人に合わせて作成した独自プログラムなど)
  • 個別支援計画の作成(3ヶ月ごとに訓練や支援方法の見直し)
  • 個別訓練の支援(個別支援計画を基に訓練の内容を決めてサポート)
  • 就職活動の支援(自己分析、求人探し、応募書類の作成、面接トレーニングなど)
  • 定着支援(定期的な面談、電話、職場訪問などで継続的なフォロー)

 

ココルポートの訓練で特に重点を置いているのが、ストレス耐性・コミュニケーションスキルを身につけるトレーニングです。

パソコン

Word、Excel、PowerPoint、ビジネス文書、チラシ作成、HP作成など

ビジネスマナー

身だしなみ、電話対応、来客対応、挨拶、敬語、報連相など

グループワーク

SST、JST、グループディスカッション、自己表現など

模擬就労

DM宛名書き、CD検品、書類作成、伝票整理、その他の軽作業など

就職活動

職業適性検査、職種研究、企業実習、応募書類作成、模擬面接など

余暇活動

ダンス、農作業、音楽療法、アロマテラピー、ウォーキングなど

※SSTは「聴く」「伝える」「話しかける」などの社会生活技能訓練のことです。
※JSTは「質問」「報告」「誤る」などの職場対人技能訓練のことです。

このようなトレーニングで自分の特技・課題を見つけて、更なる訓練を重ねることで就活目標に近づいていきます。

 

ちなみにこれまでのCocorportの実績は以下の通り。

  • 一般就労のみの就職者数1,147名(2019年11月1時点)
  • 6ヶ月定着率85.4%(2018年4月~2019年3月)

2012年1月に設立されて7~8年ほどにして、ここまでの実績を築き上げてきたのが、ココルポートならではの強みです。

■ココルポート(Cocorport)は、どんな障害の方が利用できる?

ココルポートの対象者は一般就労を希望している65歳未満の方で、障害や難病を抱えている方です。

  • 障害:精神障害(うつ病・総合失調症も含む)、知的障害、発達障害、身体障害など
  • 難病:障害者福祉支援法の対象疾病に当たる難病など

 

実際にココルポートを利用している方には、次のような障害や難病の方がいます。

総合失調症

24.4%

気分障害

21.0%

発達障害

14.4%

知的障害

13.7%

身体障害

6.5%

不安障害

2.4%

高次脳機能障害

1.7%

その他

15.9%

「自分の障害・難病は対象になるの?」と疑問に思った時は、ココルポートに直接問い合わせてみましょう。

■ココルポート(Cocorport)を利用するのに障害者手帳は必要?

ココルポートは障害者福祉サービスを提供している事業所ですが、必ずしも障害者手帳が必要な訳ではありません。
障害者福祉サービス受給者証さえあれば、サービスを利用することができます。

但し、障害者福祉サービスは障害や難病を持つ方が利用できるサービスなので、受給者証の申請には障害や難病であることを証明するものが必要です。
例えば、精神障害の方の場合は障害者手帳の代わりに、「自立支援医療受給者証」で受給者証の申請ができます。

どんな書類を揃える必要があるかは障害・状況によって異なるので、詳細はココルポートや役所に確認してみましょう。

■ココルポート(Cocorport)の登録者数は?

ココルポートの登録者数に関する情報は全くないのですが、一般就労のみの就職者数は2019年11月1日時点で1,147名です。
この就職者数を考慮すると登録者数は、全オフィスで1,200名は超えているものと考えられます。

ココルポートのオフィスは全国43ヶ所あるので、1ヶ所当たり28人以上の計算になります。

■ココルポート(Cocorport)の対応地域は?

ココルポートでは事業所のことを「オフィス」と言い、障害者福祉サービス事業(就労移行・定着支援・自立訓練・計画相談)を行っているオフィスは全国43ヶ所です。

  • 東京都 10
  • 神奈川県 15
  • 千葉県 7
  • 埼玉県 10
  • 福岡県 1

首都圏を中心としたサービスですが、福岡県の天神駅前近くにもオフィスがあります。

 

全てのオフィスが駅から徒歩10分以内の場所で、交通手段が限られている方でも通いやすいです。
ココルポートはどの地域からの利用も可能なので、他県から1時間以上かけて通っている方もいます。

■ココルポート(Cocorport)の求人数・求人の内容は?(どんな仕事がある?)

ココルポートは就労移行支援を行っている事業所で、就労に必要な知識・スキルを習得するためのトレーニングを行う場所です。
つまりこちらで紹介している障害者専用の求人サイトのように、独自で求人を持っていたり、求人を斡旋しているわけではありません。

ただしCocorport利用者は、卒業後に次のようなお仕事に就いた方がいます。

 

  • 金融・保険業:事務職
  • サービス業:事務職、清掃
  • 情報・通信業:事務職
  • 物流業:事務職
  • 飲食業:洗い場
  • 小売業:接客販売

 

ココルポートのトレーニングでは、パソコン・ビジネスマナー・グループワーク・軽作業などのプログラムがあります。
その影響も関係しているのか、事務職や軽作業、接客販売に進む方が多く見られます。

■ココルポート(Cocorport)の利用料金は?

ココルポートの利用料金は、ご本人やご家族の所得に応じて下記のようになります。

  • 生活保護受給世帯 0円
  • 市区町村民税非課税世帯 0円
  • 前年の世帯収入が約300~600万円 9,300円
  • 前年の収入が約600万円以上 37,200円

※「市区町村民税非課税世帯」は3人世帯で障害基礎年金1級受給の場合、世帯収入が約300万円以下だと対象となります。

 

今現在9割以上の利用者の方が、自己負担なくサービスを利用しています。
また、公共交通機関を利用してオフィスに通っている方には、ココルポート独自で上限1万円の交通費助成も行っています。

対象者は障害者福祉サービス受給者証が発行されて、正式に利用することになった方なので、詳細はスタッフさんに確認しましょう。

■ココルポート(Cocorport)の面談・面接・カウンセリングの内容は?

ココルポートの面談・面接・カウンセリングでは、サービス内容の説明・本人の様子のヒアリングなどをメインに行います。

  • 就労移行支援のサービス内容の説明
  • オフィスで行っているプログラム内容の説明
  • ご本人の体の状態、得意なこと、苦手なことなどをヒアリング
  • 質疑応答(事業所や就労に関する疑問点や不安を相談可)

 

この面談の際に相談した内容を参考に、スタッフさんが利用者の方の必要性に合った個別支援計画・プログラムを作成してくれます。
利用が開始してからも定期的な面接があり、プログラムの取り組み・模擬面接などから利用者の方の状況を把握してサポートしてくれます。

また、ココルポートの支援は就職するまでだけではなく、就職後まで状況に合わせて受けることができます。
特に定期的な面談・電話フォロー・職場訪問などは、就職後の不安を抱えている利用者の方に心強いサポートです。

■ココルポート(Cocorport)のセミナーの内容は?

公式サイトより引用:https://melk.business.site/

ココルポートでは就労移行支援の利用や就職に関する、様々なセミナーを定期的に開催しています。

  • 事業所説明会:オフィスで行っているトレーニング内容の説明
  • 就職相談会:就職に関してあらゆる悩み相談が可能
  • プログラム体験会:自己分析、ビジネスマナー、PC講座、SST、面接講座など

※SSTは社会生活に必要なコミュニケーション能力を養う訓練のことです。

 

セミナーのほとんどは1~2時間くらいの短時間で、初めての方でも気軽に受けやすくなっています。
中でも特に人気があるのがプログラム体験会ですが、内容はオフィス・日時によって違います。

興味のあるものや重視したい内容のものがあれば、多少足を運んでも受けてみることをお勧めします。

■ココルポート(Cocorport)の営業時間は?

土曜日や休日のお問い合わせは、返信が遅くなる場合があります。
急ぎの連絡の場合は上記のフリーダイヤル、または各オフィスに問い合わせると確実です。

 

以上、ココルポート(Cocorport)の紹介でした!

⇒Cocorportの公式サイトはこちら 

    

あらゆる障害の人が正社員・高収入・大手企業に就職できる!

最後まで完全無料で使える、とある最大手の障碍者専用の求人サイトでは、

  • 求人数は最大1万件
  • 4つに1つの求人が年収350万円以上、8割の求人が年収250万円位以上
  • 求人の3つに1つが正社員、残りの半分も正社員登用アリ
  • 精神障害者が半分、残りの半分が身体障害者と知的障害者
  • 誰もが知っている超大手企業の求人がゴロゴロある

という特徴があります。

詳しくはこちらの記事をお読みください。←クリック!

障害者の就職・転職エージェント15個を比較!

今話題の、障害者の就職・転職支援サービスを15個比較しました。

中には

  • 履歴書や自己分析・志望動機の書き方、模擬面接まで全て面倒を見てくれるエージェント
  • 過去に応募者が聞かれた質問を教えてくれるから、面接通過率75%のエージェント
  • 女性のためのエージェントで、結婚、出産、育児などのライフプランを考慮してくれる

というエージェントも。

詳しくは以下の記事をお読みください。

障害者の就職・転職エージェント15個を比較した記事を見にいく⇒