障害者は正社員になれない?X割の人が正社員で給料はX万円!

障害者の方に限らず、どうせ働くなら正社員の方が良いと思っている方は多いはず。
でも、ハローワークなどで障害者の正社員雇用の求人を見つけるのがなかなか難しく、

  • 障害者は正社員になれない
  • 障害者の中途採用で正社員にはなれない

こんな風に考えている方も多いです。

 

また実際、障害者の方はどうして正社員のほうが良いのでしょいう?
この記事では、障害者の正社員登用の割合や給与・年収、正社員として就職するコツなどについてご紹介します。


スポンサードリンク

障害者が正社員として働くメリット・デメリットは?

それでは、障害者の方が正社員として採用されて働くメリットとデメリットについて考えてみましょう。

障害者が正社員として就職・転職するメリット

障害者が正社員に就職や転職をして得られる一番のメリットは、給料の多さです。
契約社員やパート・アルバイトに比べて、かなり多くなります。

また、ボーナスがもらえるのも大きいですよね。
それ以外にも、雇用が安定するのも正社員ならではです。

契約社員のように、契約更新の度に雇い止めの不安を抱かずに済みます。
(ちなみに障害者枠での契約社員の場合、契約期間が3カ月・半年・1年単位が多くなっています)

 

また障害者の正社員の方は、保護法によって強く守られています。

正社員が解雇されるのは以下の場合だけです。

  1. 会社がつぶれる
  2. 解雇事由になるような極端な違法行為をする
  3. 定年になる

待遇面以外でも、仕事の難易度が上がり、戦力としてある程度責任のある仕事を任されるのでやりがいも生まれます。

障害者が正社員として就職・転職するデメリット

障害者が正社員として採用されると、時短勤務のできるところが少なく、フルタイムで働く体力のない人には向いていません。
契約社員やパート・アルバイトに比べて責任が重いので、体調によって早退したり、休んだりするのが難しくなります。

ちなみに精神障害者で障害者年金を受けている場合、正社員になると「労務に支障がないくらい回復した」とみなされ、年金の支給が停止してしまうケースもあります。

障害者の正社員の割合は?

それでは、障害者で正社員として働いている人の割合はどれくらいでしょう?
まずハローワークなどで求人を探すと、初めから正社員で雇用してもらえる企業というのは少ないです。

どれくらい少ないかというと、勤務開始時の雇用形態は:契約社員86%、正社員6%、パート・アルバイト7%、トライアル雇用1%です。
障害者の場合、最初は契約社員で就職や転職をして、その後に正社員登用されるのが一般的なのです。

 

それでは次に正社員雇用の割合を見ていきましょう。
まずは障害別の正社員雇用の割合が、以下の通りです(平成25年度障害者雇用実態調査より)。

  • 身体障害者55.9%、
  • 知的障害者18.8%、
  • 精神障害者40.8%

 

ただし、別のデータ(障がい者総合研究所 給与への満足度に関するアンケート調査)では

  • 身体障害者:正社員36%、契約社員42%、アルバイト・パート14%
  • 精神障害者:正社員15%、契約社員25%、アルバイト・パート36%

となっています。

 

国のデータと民間のデータで数字に開きがありますが、以上をまとめると

  • 障害者の約9割の求人は、初めは契約社員から
  • その後も正社員になれるのは身体障碍者で3人に1人、精神障害者だと7人に1人ほど

となっています。

 

ただしこれは、ハローワークで求人を探した場合です。
ハローワーク以外の障害者専用の求人サイトの場合は全くの逆なので、最後にご紹介しますね。

障害者の正社員の平均給料や年収は?

それでは次に、障害者の正社員の方の平均給料を見てみましょう。

正社員の障害者の年収別の分布をみると

  • 99万円以下1%、
  • 100万円〜199万円=11%、
  • 200万円〜299万円=26%、
  • 300万円〜399万円=20%、
  • 400万円〜499万円=19%、
  • 500万円以上=23%

となっています(障がい者総合研究所 給与への満足度に関するアンケート調査)。

やはり、正社員になると、かなり給料が高くなることが分かりますね。

1万件の求人のうち、3つに1つの求人が「初めから正社員」のサイトって?

これまでの話は全て、ハローワークなどの求人を利用した場合の話です。
実はハローワークは助成金目当ての企業が仕方なく求人を出している場合が多く、

  • 初めから採用する気がない企業
  • 障害者に全く理解がなく、就職してから、まるでイジメのような扱いを受ける企業
  • 障害の種類やレベルについて知らず、「なるべく会社に害がないように」と、誰でも出来る退屈な単純作業しかさせてくれない企業

等がほとんどです。

 

そこで私がおすすめなのが、民間の障害者求人サイトです。

中でもアットジーピーという最多の求人数を持つサイトは、

  • 求人の3つに一つが「初めから」正社員雇用、残りの半分も正社員登用アリの契約社員
  • 半分が精神障害者、残りの半分が身体障害者と知的障碍者だから、障害に関係なく正社員になれる
  • 求人の4つに一つは健常者の平均年収と同じ350万円以上、求人の8割は年収250万円以上
  • 転職サイトだから、中途採用でも当然正社員になれる

こういった特徴があります。

 

もちろん使用料金は、私たち障害者は完全無料!
ぜひ、求人を探してみてくださいね。

公式サイトは、以下からどうぞ。

アットジーピー【atGP】 

    

あらゆる障害の人が正社員・高収入・大手企業に就職できる!

最後まで完全無料で使える、とある最大手の障碍者専用の求人サイトでは、

  • 求人数は最大1万件
  • 4つに1つの求人が年収350万円以上、8割の求人が年収250万円位以上
  • 求人の3つに1つが正社員、残りの半分も正社員登用アリ
  • 精神障害者が半分、残りの半分が身体障害者と知的障害者
  • 誰もが知っている超大手企業の求人がゴロゴロある

という特徴があります。

詳しくはこちらの記事をお読みください。←クリック!

障害者の就職・転職エージェント15個を比較!

今話題の、障害者の就職・転職支援サービスを15個比較しました。

中には

  • 履歴書や自己分析・志望動機の書き方、模擬面接まで全て面倒を見てくれるエージェント
  • 過去に応募者が聞かれた質問を教えてくれるから、面接通過率75%のエージェント
  • 女性のためのエージェントで、結婚、出産、育児などのライフプランを考慮してくれる

というエージェントも。

詳しくは以下の記事をお読みください。

障害者の就職・転職エージェント15個を比較した記事を見にいく⇒